デイジーたんの事

chaco3.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 31日

遺伝疾患の事




色んな方がブログを書いてて

その中でも遺伝疾患について書いて有る事

胸に響く



家は命が無くなる疾患じゃ無い

いつか症状が変わる時にも側に居て

あたしがちゃんと世話してあげるよって覚悟と共に毎日居られる

可愛いこの子達と暮らしてるのが幸せだなと思う



繁殖の組み合わせで遺伝的疾患が命を奪う

大事に育てた子が

長い間重い病気で苦しんで苦しんで

飼い主さんはどんなに辛い思いでその子を見守ってたんだろう

その子の苦しみはどんなに辛かったんだろう

犬の命の事

飼い主にとってかけがえの無い大切な家族の想い

この思いが良識の無い繁殖者に伝わる事は無いんだろうか



遺伝疾患を公表する事で

心無い人からの言葉

しっかり調べずに買ったあなたの責任はと・・・




今私は 自分の家の子が罹っている疾患については

多分それなりには知ってると思う

どう言った状況でその疾患が発症するのか

何故家の子がその病気を引いてしまったのか

この先どうなるのか

獣医さんの言葉

自分で毎夜調べた事

そして私は過去に競馬の血統を調べるのに興味が強かった時期が有って

その辺りも犬の繁殖と遺伝子は似てる事と

素人だけど「避けるべき交配」少しなりにも判る様になった



ただそれは自分の家の子がそんな疾患を持ったからこその事で

そうでなければ犬を飼う時に得る情報としては

他人に責められない程の知識を持つ事は殆ど出来ないと言えるのではないか?

そこまでの知識を有して迎え入れてる飼い主は極僅かじゃないの?

外見上に現われない病気

パピーでは判らない病気

両親に現われて無くても数代上から潜んでた病気

見えない病気がこれから飼う人達に判る訳が無い

飼い主達は繁殖者やペットショップを信じて迎え入れるしか出来ないのが殆どだと思う





もちろん「完全な交配」は無いと言うのも判ってる

どんなに努力しても稀に現われる事も有ると思う

ただその後の繁殖者の対応によって飼い主達が救われるか

それともやり場の無い怒りをぶつける事が出来ないまま過ごすのか・・・・






今回亡くなった子達は私とは所縁は有りませんが

それでもその子達のご冥福を願ってやみません




飼い主さん達のご心中をお察し致します




繁殖は人の手によって行われています

遺伝疾患を出すのも無くすのも人間次第

人間が防げる筈の遺伝疾患が無くなる事を願います







[PR]

by chaco-3 | 2013-07-31 00:17


     コリーアイの診断が出るまで >>